『検索・購入データなどのAIプロファイリングデータはどう扱うべきか?』
~データビジネス業界が萎縮せず、進むべき一歩を踏み出すために~

AIプロファイリングを現行法の中でどう活用するか理解しておくことは企業の重要課題です。

その範囲はAI技術者やデータを扱う担当者はもちろんですが、関係部署や決裁権限者にも及びつつあります。 検索データ、購入データなどの行動履歴を用いて個人の嗜好や行動特性を AIに分析させるAIプロファイリングは、企業サービスを向上させる上で、 今後ますます重要になるでしょう。 ところが、現在の個人情報保護法ではAIプロファイリングについて明確に規定されているわけではありません。 従って、お客様とのデータ活用に関する同意事項とその活用については、法律の専門家でないとなかなか判断がつかないのが現状です。
 
そこで今回は、STORIA(ストーリア)法律事務所とコニカミノルタ株式会社から 専門家をお招きし、 現行法の中でAIプロファイリングについて何が規定され、 どこがグレーゾーンになっているのかを分かりやすくご講演いただきます。 
 
データビジネスに携わる産業界の皆さまが萎縮せず冷静に対処し、進むべき一歩を踏み出すための一助として本講演を開催致します。

日時
2019年11月20日(水)15:00~17:00(受付14:30~)
会場
一般社団法人日本能率協会 105研修室
(東京都港区芝公園3-1-22)
参加対象
データを扱う部門、マーケティング部門、データサイエンティスト、人事、法務、経営層など
参加料
法人会員企業(無料)/会員外企業 有料(¥20,000/1名 税別)
(定員:25名 お早めにお申込みください!)
※会員外でお申込みの場合、開催日1週間前までにお振込み願います。

法人会員とは? 会員の特典
※会員口数(*)1口あたり1社2名様までご参加できます。
(*)小会規定により、単体会社・団体における日本国内の正規社員数で口数が決定します。
<ご参考> 1口(1~4,999名)/ 2口(5,000~9,999名未満)/ 3口(10,000名以上)

プログラム

※テーマ・プログラムの内容は都合により変更される場合がございますので、予めご承知おきください。

15:00~16:00
「AIプロファイリングの法的問題と個人情報保護法改正を見据えた設計運用指針」
・AIプロファイリングとは
・AIプロファイリングの法的問題点
・個人情報保護法改正を見据えた設計運用指針
16:00~16:30
(仮)「ビッグデータを扱う上での法令順守の考え方
 ~コニカミノルタ データサイエンティストの実際~」

16:30~17:00
質疑応答

講師紹介

杉浦 健二(すぎうら けんじ)氏

弁護士法人STORIA 弁護士

平成12年 関西大学社会学部・マスコミュニケーション学専攻卒業
平成12年 一般企業に就職 広告業務に携わる
平成19年 弁護士登録
平成27年 STORIA法律事務所設立
令和元年 カリフォルニア州立工科大学 外部講師
所属弁護士8名(9月現在)

ウェブサービス(SaaS)やAI/ITベンダを法務面からサポートしており、AIにまつわる法律問題、IT法務が専門。
AIプロファイリング問題に関して、日本経済新聞でのコメントやNHKにも出演。
2007年弁護士登録、STORIA法律事務所共同代表。
★NHKニュース9にも出演しました!

矢部 章一 氏

コニカミノルタジャパン株式会社

データサイエンス推進室  室長
2013年11月 コニカミノルタジャパン 入社。
現在は、独自のノウハウで人材育成と故障予測や売上予測、顧客判別などを構築し、部門設立1年以内で投資額を上回る大きなビジネス効果を生み出す。

※講師への質問やお聞きになりたいことがございましたら、お申し込みフォームの通信欄にご記入ください。
講演内容に反映させていただく場合がございます。